銚子ジオパーク市民の会

日本ジオパーク・ネットワーク正会員  since 2012

今年で僕も満8才 .!!  
2021_0124_
お待ちしておりますお便りのページお待ちしております
▲HP-Top  
     
  新春の小鳥たち in 屏風ケ浦   
   
伊藤修二さんから送られた画像です(2021/01/08)
 
 
お 願 い
 
  小鳥たちの番号に合う名前とコメントをお願いします 。皆さまからの情報得て再構成します。
連絡は:HP-Top 右サイド管理人宛メールでお願いします(管理人)
 
       
 
 
 
         
   3
 
 
       
   5
  6
 
     
  7  
  8  
 
 







   
  9
_
  10
_
 
 
 







 
   
銚子ジオパークで「縁結びホールを見つけよう!! 
岩亀神様と空魚のデート
 
 埼玉県、福士清二さんのお便り(2020/12/27)
 
 
銚子市長崎鼻海岸で見つけた💛ホール。  
💛の真ん中は「日本海形成時の秘密を
秘めた溶岩か?

◇長崎鼻の地層は恐竜時代の1億1500万
年前の地層です。

◇長崎海岸の東側に位置する小島、宝満は
約2000万年前に溶岩が固まってできた
千葉県唯一の現地性の火山島です。
◇海岸には溶岩が固まってできた
ガス抜けの無数の穴が空いた安山岩が
多くあります。

◇撮影場所:長崎鼻、照射灯台近く、
投稿者のコメント:簡単には見つかりません。
(管理人):まだ確認していません。
 銚子市長崎町海岸で見つけた💛ホール。    
    岩亀神様と涼し気な真夏の空魚の 
      デートです 
 

◇夏の陽射しは神秘的な魚を!!
干潮の水面を泳ぐ恋の出会い物語。

◇亀の甲羅はタホニー模様。

◇投稿者コメント
銚子ジオパーク最高のパフォーマンスですぞ!

◇撮影場所
銚子市長崎海岸ぼでおろし岩 


  長崎海岸のご案内
 
 岩亀神様と空魚のデート    
   
 







 
 
otayori_007
 
   北総台地、春近し(1月22日)  
   グータラ隠居さんからのお便り(2021/01/22)  
 
大寒(1.20)の朝
 
我が家の軒下温度計 -2.5℃を示すほど厳しい冷え込み
バケツの水は氷結し、厚さは11mm
(大寒の最低気温) 銚子気象台:-0.6℃、成田空港 :-5.0℃
今朝(1.22)は一転、氷は観られません。畑は霜で真っ白です
犬吠キャベツの植え付け準備できれいに整えられ
数日の内には植え付けられることでしょう

明日から明後日(1.23~24)にかけては荒天の予報
今朝の北総台地、春の嵐の前触れでしょうか、不気味な朝焼け

20210120_0844
氷厚11mm

20210120_0647
畑は霜で真っ白

20210122_0644
不気味な朝焼け
                         
 
 







 
  otayori_007  
   雉の初鳴き  
   グータラ隠居さんからのお便り(2021/01/15)  
 
小寒末候 雉始啼』(きじ はじめて なく)
雄の雉が鳴き始める頃とのこと。
下総台地の上、草深い我が家のあたりでは一足早く、
1月13日の朝方に、雉の初鳴きが聴かれました。

 
 
今冬の北総台地の初雪(雪あられ) 
 グータラ隠居さんからのお便り(2021/01/11)
新年明けましておめでとうございます。
今日(1.11)未明、我が家のあたりに雪あられが降ったようで、
霜柱でザクザクの庭先や厚さ6mmの氷の上などに
大きさ1~3mmの雪あられが広がっておりました。
今冬の初雪です。
ちなみに、利根川の河口(川口町の気象台)あたり、
初雪は2020年12月30日(平年:1月6日)だったようです。

20210111_0704
デッキ上の雪あられ

20210111_0705
氷厚6mmの上に雪あられ

20210111_0720
霜柱の上に雪あられ
                           
 







 
 
北総台地は冬日 
 グータラ隠居さんからのお便り(2020/12/17)

12月16日、北総台地は鹿島灘方向に散在する積雲が遠望される快晴の夜明け。
強い寒気と放射冷却とで冷え込み、軒下の温度計は氷点下1℃(冬日)。
一面の霜、ザクザクと霜柱を踏んだ先にはクローバーが霜に震え、厚さ1mmの氷。
霜の結晶もかわいい。
参考
(16日朝の気温) 市内川口町: +1.4℃
軒下温度計: -1.0℃
成田空港: -4.4℃
昨年の霜、氷、霜柱の初日はいずれも11月30日
 
 
20201216_0640 厚さ1mm

20201216_0643 霜に覆われるクローバー

20201216_0644 海の方向に積雲遠望

20201216_0820 木部の霜

20201216_0645
軒下温度計
                           
 







 
 
初冬の北総台地 
 グータラ隠居さんからのお便り(2020/12/13)

いつもの冬でしたら今頃、霜や氷の世界となるこの辺り。
今冬はまだ霜も氷も見られません。
イチョウは落葉しましたが、カエデやハゼはまだ見頃、暖かい冬の入りなんですね。
この暖かさのためでしょうか、
日の出前の茜色の空、例年になくきれいに思われます。
また地霧も多いように感じております。
これらは例年にない暖かさから、水蒸気が多いためなのかなぁ~~
なんて勝手な想像をしています。
科学的な観測や知見からではなく、グータラな私の感覚からの笑い話です。 

20201211_0626 夜明け&地霧

20201212_1208 ハゼ紅葉 
                           
 








 
 
 
 K市、I 会員さんからのお便り(2020/10/14)
ジオパーク講座お疲れさまでした。
何度も参加していますが、毎回新しい発見が有り新鮮です。
皆さん熱心なのでこちらもエネルギーをもらえる感じがします。
 県立中央博物館で「ちばの縄文 貝塚からさぐる縄文人のくらし」
10月10日から12月13日まで開催されます。
余山貝塚出土品が日本各地から集められ展示してありました。
「ミミズク土偶」実物は初めて見ました。
個人が掘り出して売ったというので驚きでした。
期間が短いのですが一見の価値はあります。
椰子の実製の漆容器も展示してありました。
お知らせします。
 
 
 余山貝塚出土品 
 
ミミズク土偶
 
                           
   ▲ HPーTop   ▲ ページTop      

Copyright c 2012-2020   銚子ジオパーク市民の会  All rights reserved.